埼玉西部環境保全組合ホームページ

メイン画像

トップページ
組合概要
処理の流れ
組合議会
(仮称)鳩山新ごみ焼却施設
再生品販売会のご案内
ごみと資源の分け方・出し方
  /収集カレンダー
基本計画・例規集等
お問合せ

埼玉西部環境保全組合
高倉クリーンセンター
〒350-2223
埼玉県鶴ヶ島市大字高倉593-4
TEL:049-271-1500
FAX:049-271-1030
川角リサイクルプラザ
〒350-0436
埼玉県入間郡毛呂山町大字川角1959-1
TEL:049-294-4115
FAX:049-295-5232
 
充電式電池は、リサイクル協力店の「リサイクルBOX」へ出してください
ごみや資源からのぼや急増
 最近、川角リサイクルプラザの施設内で、ぼやや発煙が相次いでいます。平成29年度は2回であったものが、平成30年度は11回、今年度も11月までで既に9回も発生しており、急増している現状です。
  ぼやが発生すると、ラインを停止し、消火作業や安全確認を行うため、安定した処理に支障を来してしまいます。これまで、大きな火災までには至っておりませんが、重大な事故につながる可能性があります。 
 この主な原因は、充電式電池が、燃やせないごみや資源の中に混入し、処理する工程で衝撃が加わったことにより、発火したと考えられます。

〇出火原因と考えられる電気カミソリ              〇出火原因と考えられる電動歯ブラシ            




【お願い】充電式電池を、ごみや資源に出さないで!

 最近の小型の電化製品は、使い切りの乾電池ではなく、充電式電池の使用が急増しています。電動歯ブラシや電気カミソリ等の日用品やゲーム機やデジタルカメラ・スマートフォン等の電子機器などです。

〇小型充電式電池の例         
〇小型充電式電池のリサイクルマーク



 この小型家電に充電式電池を入れたまま「燃やせないごみ」 に出されると、破砕機で砕かれた際に発火し、周囲のプラスチックなどの可燃性素材に引火して火災となります。また、資源物の「その他容器包装プラスチッ ク」に混入すると、圧縮梱包をする際の圧力で押し潰されて発火、一緒にプレス梱包した周りの「その他容器包装プラスチック」に引火する事態となります。



                                           出典:日本容器包装リサイクル協会

 

  充電式電池は、組合では収集も受け入れもできません。メーカーに電池の回収や資源化が義務付けられており、電気店やホームセンター等を中心に回収拠点が設 けられております。
 処分の際には、リサイクル協力店に設置されている黄色の回収ボックスをご利用ください。

外部サイト:一般社団法人JBRCホームページhttps//www.jbrc.com/general/recycle_kensaku/
                                             
                                                   出典:JBRCホームページ




高倉クリーンセンター
〒350-2223 埼玉県鶴ヶ島市大字高倉593-4 TEL: 049-271-1500 FAX:049-271-1030

川角リサイクルプラザ
〒350-0436 埼玉県入間郡毛呂山町大字川角1959-1  TEL:049-294-4115 FAX:049-295-5232

粗大ごみ戸別収集受付専用電話 049-272- 3344
受付時間 8:30〜12:00 13:00〜16:00




トップページ組合概要処理の流れ組合議会(仮称)鳩山新ごみ焼却施設
再生品販売会のご案内ごみと資 源の分け方・出し方/収集カレンダー基本計画・例規集等お問合せ


Copyright (c) 2014 埼玉西部環境保全組合All rights reserved